ホスト-ゲスト・超分子化学研究会

定款

ホスト-ゲスト・超分子化学研究会 定款

    (名称)

  1. 本研究会の名称は、ホスト-ゲスト・超分子化学研究会(Association of Research for Host-Guest and Supramolecular Chemistry)と称する。
  2. (目的)
  3. 本研究会は、「分子認識」と「超分子」を中心とする有機化学、無機化学、分析化学、高分子化学、生化学、生体関連化学、材料科学、超分子化学、バイオテクノロジー化学など幅広い分野の研究者が集まり、その討論を通じて、当該研究分野の情報交換、学理の探求、基礎および応用研究の促進などに資することを目的とする。
  4. (事業)

  5. 本研究会は、前項の目的を達成するため次の事業を行う。
    (1)ホスト・ゲスト化学シンポジウム(Host−Guest Chemistry Symposium)の開催
    (2)ホスト・ゲスト化学シンポジウム講演要旨集(Abstracts of Papers: Host-Guest
        Chemistry Symposium)の発行
    (3)幹事会の開催
    (4)共同研究の実施、専門誌の出版
    (5)その他
  6. (会員)

  7. 当該年度におけるホスト・ゲスト化学シンポジウムの参加登録者は全員、当研究会の会員とする。その資格は次年度のシンポジウム開催日前日まで有効とし、次年度シンポジウムに参加登録することで会員の資格はその次の年度のシンポジウムまで継続することができる。なお、参加登録者で本研究会の会員となることを希望しない者は、事務局に申し出ることで会員から外れることができる。
  8. (会費)

  9. 会員の会費は無料とする。
  10. (運営)

  11. 本研究会は公開制を原則とし、幹事会員として会長および幹事若干名を置き、その合議により事業の企画並びに運営を行う。

   (附則)
本定款の施行日は,第3回ホスト・ゲスト化学シンポジウム開催日(2008年5月31日)からとする。

制定:2008年9月18日 幹事会承認

PAGE TOP