筑波大学|大学院数理物質科学研究科|化学専攻

 
  
 
 
 
 
 


C–F結合活性化と触媒
     
 
遷移金属によるβ-フッ素脱離という過程を用いると、強固な炭素−フッ素結合を穏和な条件下で切断することができます。この過程を用いて、炭素−フッ素結合の切断と炭素−窒素および炭素−炭素結合の生成(炭素−フッ素結合活性化)を触媒的に達成しています。フルオロアルケンの環化反応にβ-フッ素脱離を活用し、フッ素化されたヘテロ環および炭素環化合物を合成できます。さらに、ペルフルオロアルキルアルケンのアリル位選択的な炭素−フッ素結合活性化も可能です。
 
     
 

 
     
  Publications 68) Sakoda, K.; Mihara, J.; Ichikawa, J. Chem. Commun. 2005, 4684–4686.  
    75) Ichikawa, J.; Nadano, R.; Ito, N. Chem. Commun. 2006, 4425–4427.  
    117) Ichitsuka, T.; Fujita, T.; Arita, T.; Ichikawa, J. Angew. Chem. Int. Ed. 2014, 53, 7564–7568.  
    123) Fujita, T.; Watabe, Y.; Ichitsuka, T.; Ichikawa, J. Chem. Eur. J. 2015, 21, 13225–13228.  
    124) Ichitsuka, T.; Fujita, T.; Ichikawa, J. ACS Catal. 2015, 5, 5947–5950.  
    126) Fujita, T.; Arita, T.; Ichitsuka, T.; Ichikawa, J. Dalton Trans. 2015, 44, 19460–19463.  
    131) Fujita, T.; Watabe, Y.; Yamashita, S.; Tanabe, H.; Nojima, T.; Ichikawa, J. Chem. Lett. 2016, 45, 964–966.  
  日本語の総説 6) 市川淳士, 日本農薬学会誌, 41, 29–41 (2016).