解説・総説  (01/26/2017)

  1. 齋藤一弥
    「液晶の構造熱力学 − 完全結晶から液体へ − 」
    液晶, 21 (1), 25-36 (2017).
  2. 山村泰久,齋藤一弥
    「サーモトロピック液晶のアルキル鎖は何をしているか?」
    液晶, 19 (3), 126-134 (2015).
  3. 齋藤一弥
    「熱量測定のこれからにむけて」
    熱測定, 41 (4), 141-147 (2014).
  4. Satoaki IKEUCHI and Kazuya SAITO,
    "Calorimetric Studies on Quasi-One-Dimensional MMX Complexes, M2(RCS2)4I"
    Curr. Inorg. Chem., 4 (2), 74-84 (2014).
  5. 齋藤一弥,山村泰久,沓水祥一
    「サーモトロピック キュービック相における分子配列とリエントラント現象」
    液晶, 18 (2), 56-63 (2014).
  6. 長友重紀,山村泰久,齋藤一弥
    「有機液体における水素結合による環状会合体形成」
    熱測定, 40 (3), 107-113 (2013).
  7. 齋藤一弥
    「分子構造に注目した液晶の分子熱力学」
    熱測定, 40 (1), 2-9 (2013).
  8. Kazuya SAITO,
    "What Roles Do Alkyl Chains of Mesogens Play?"
    Liquid Crystals XVI (Editor: I.C. Khoo), Proc. SPIE, 8475, 84750C (9 pages) (2012).
  9. 山村泰久,齋藤一弥
    「広い温度範囲で熱収縮する負の熱膨張材料」
    セラミックス, 46 (11), 922-926 (2011)
  10. 齋藤一弥,山村泰久
    「温度上昇で収縮するセラミックス」(レーダー欄)
    化学と教育, 59 (2), 86-87 (2011).
  11. Shoichi KUTSUMIZU and Kazuya SAITO,
    "The Aggregation Structures of Ia3d and Im3m Cubic Phases Formed by Rod-Shaped Mesogens ANBC and BABH"
    Liquid Crystals XIV (Editor: I.C. Khoo), Proc. SPIE, 7775, 7506 (9 pages) (2010).
  12. Kazuya SAITO,
    "Microphase-Separated Multicontinuous Phase in Low-Molecular-Mass Thermotropic Liquid Crystal"
    Pure Appl. Chem., 81 (10), 1783-1798 (2009).
  13. 齋藤一弥,沓水祥一
    「棒状分子が作る高い対称性を持つ液晶性超構造の構造解析」
    日本結晶学会誌, 51(2), 169-174 (2009).
  14. 沓水祥一,齋藤一弥
    「サーモトロピック液晶における双連結構造」
    固体物理, 41(6), 379-388 (2006).
  15. 齋藤一弥
    「サーモトロピック液晶とリオトロピック液晶 −統一的視点の可能性−」
    熱測定, 32 (3), 133-140 (2005).
  16. 齋藤一弥
    「液晶分子中のアルキル基の役割」
    大阪大学低温センターだより, 127, 8-13 (2004).
  17. Michio SORAI and Kazuya SAITO,
    "Alkyl-Chains Acting as Entropy Reservoir in Liquid Crystalline Materials"
    Chem. Rec., 3 (1), 29-39 (2003).
  18. 齋藤一弥
    「液晶実験科学講座:熱測定」
    液晶, 7, 342-350 (2003).
  19. Michio SORAI and Kazuya SAITO,
    "Exotic Condensed States of Matter: Discotic Mesogen and Optically Isotropic Liquid Crystals"
    in "Hyper-Structured Molecules III: Chemistry, Physics and Applications",
    ed. by H. Sasabe, Taylor & Francis (New York), Chapter 11, pp.172-189 (2002).
  20. 齋藤一弥
    「エントロピーリザ−バー:長いアルキル鎖のかわった役割」
    生産と技術, 54 (4), 46-48 (2002).
  21. 齋藤一弥,徂徠道夫
    「光学的に等方性である珍しいサーモトロピック液晶の熱力学」
    液晶, 5 (1), 17-24 (2001).
  22. 齋藤一弥
    「分子結晶の物性と分子内運動自由度」
    固体物理, 36 (4), 191-199 (2001).
  23. 齋藤一弥
    「講座 熱容量 2.格子振動」
    熱測定, 28 (5), 200-209 (2001).
  24. 吉野治一,齋藤一弥,村田恵三,池本勲
    「微小脆性結晶の熱起電力測定法と2バンド擬一次元有機伝導体の多段階金属−絶縁体転移」
    熱測定, 27 (2), 77-87 (2000).
  25. 齋藤一弥
    「有機超伝導体のガラス転移」
    大阪大学低温センターだより, 107, 8-14 (1999).
  26. 山村泰久,齋藤一弥
    「結晶中の分子の内部運動自由度と相挙動」
    熱測定, 25 (2), 33-42 (1998).
  27. 齋藤一弥,阿竹 徹
    「結晶中の分子運動と相転移 −熱測定の立場から」
    日本結晶学会誌, 37 (1), 26-34 (1995).
  28. 白神達也,齋藤一弥,阿竹 徹
    「固体の低温熱容量 −Andersonらの理論を中心に」
    熱測定, 21 (3), 134-143 (1994).
  29. Kazuya SAITO and Isao IKEMOTO,
    "Coupling between Internal and Lattice Degrees of Freedom in Crystals of Flexible Molecules: Biphenyl and Bis(4-chlorophenyl)sulfone"
    Order/Disorder in Solids, 9 (4), 12-16 (1994).
  30. 阿竹 徹,齋藤一弥
    「新しい国際温度目盛 ITS-90」
    固体物理, 26 (9), 515-522 (1991).
  31. 菊地耕一,齋藤一弥,池本 勲
    「新有機超伝導体;非対称分子DMETのラジカル塩」
    固体物理, 23 (1), 49-54 (1988).
  32. 齋藤一弥,阿竹 徹,齋藤安俊
    「古典的DTA,入力補償DSCおよび熱流束DSCの理論的考察」
    熱測定, 14 (1), 2-11 (1987).
  33. 齋藤一弥
    「分子結晶の格子振動と分子内振動」
    熱測定, 13 (4), 200-207 (1986).
  34. 阿竹 徹,齋藤一弥
    「整合−不整合相転移」
    熱測定の進歩, 4, 49-59 (1986).