Cyclotrisilenylium 高周期元素2π芳香族カチオン

AROMATIC SILICON RING DEBUTS

Appliciated silicon analoge of cyclopropenylium cation prepared.
研究概要

シクロプロペニリウムイオンのケイ素類縁体を合成しました。炭素三員環のシクロプロペニリウムイオンは2π芳香族性分子です。3つの炭素原子をケイ素に置き換えてもやはり2π芳香族性分子であることが明らかになりました。ケイ素3原子からなる三員環は正三角形で、その結合長は2.217Åでした。ケイ素のみからなる環状芳香族化合物としては最初の例です。上図はC&E Newに掲載されたものです。
  • Cyclotrisilenylium Ion: The Persilaaromatic Compound.
    M. Ichinohe, M. Igarashi, K. Sanuki, and A. Sekiguchi, J. Am. Chem. Soc.,  2005127, 9978 - 9979. [LINK]

 Cyclotrigermenylium 高周期元素2π芳香族カチオン

研究概要
ゲルマニウム3原子からなるシクロプロペニリウムイオン類縁体です。これも2π芳香族性カチオンです。三員環カチオンは炭素、ケイ素、ゲルマニウムのいずれも芳香族性を有することが分かりました。
  • A Free Cyclotrigermenium Cation with a 2 π-Electron System.
    A. Sekiguchi; M. Tsukamoto; M. Ichinohe. Science 1997, 275, 60-61.
  • Heavy Cyclopropenes of Si, Ge, and Sn - A New Challenge in the Chemistry of Group 14 Elements
    A. Sekiguchi and V. Ya. Lee Chem. Rev., 2003, 103, 1429 - 1448. [LINK]


 Disilacyclopropenylium Ion: Silicon-Carbon Hybrid 2π-Electron Systems.

研究概要
ケイ素2原子、炭素1原子からなるハイブリット型分子も合成できました。やはり、2π芳香族性を示すことがNMRおよび理論計算より明らかになりました。
  • Air-Stable Disilacyclopropene with a Si=C bond and Its Conversion to Disilacyclopropenylium Ion: Silicon-Carbon Hybrid 2π-Electron Systems.
    M. Igarashi, M. lchinohe, and A. Sekiguchi,J. Am. Chem. Soc.,2007, 129, 12660-12661. [LINK]

Ge3 rings perform tricks

研究概要

ゲルマニウム3原子からなる高周期元素不飽和三員環でひとつの置換基がハロゲン原子である化合物を合成しました。ハロゲン原子はゲルマニウム三員環上を素早く転移していることが明らかになりました。これを論文中では「Halgen Wark」と表現しました。この化合物もC&E Newsにとり上げられました。
  • The First Halogen-Substituted Cyclotrigermenes: A Unique Halogen Walk over the Three Membered Ring Skeleton and Facial Stereoselectivity in the Diels-Alder Reaction.
    A. Sekiguchi; Y. Ishida; N. Fukaya; M. Ichinohe; N. Takagi; S. Nagase. J. Am. Chem. Soc. , 2002, 124, 1158-1159. [LINK]


トリスホモ芳香族カチオン

研究概要

ゲルマニウム10原子からなるカチオン性クラスターです。中心近辺にある3つのゲルマニウム上には置換基がなく、カチオン電荷の非局在化したトリスホモ芳香族性を示すことが分かりました。
  • The Cation Cluster of Heavier Group 14 Elements: A Free Germyl Cation with Trishomoaromatisity
    A. Sekiguchi; Y. Ishida; Y. Kabe; M. Ichinohe. J. Am. Chem. Soc. , 2002, 124, 8766-8767.

高周期典型元素芳香族化合物のREVIEW

研究概要


  • Aromaticity of Group 14 Organometallics: Experimental Aspects.
    V.Ya. Lee and A. Sekiguchi, Angew. Chem. Int. Ed., 2007, 46, 6596-6620. [LINK]

【BACK】 【NEXT】 【TOP】 【HOME】
研究概要(テキスト)

HOME