研究概要

    世界初、安定な結晶としてのケイ素-ケイ素三重結合化合物"ジシリン"(アルキンの高周期元素類縁体)の合成に成功しました。炭素-炭素三重結合アルキンは直線分子ですが、"ジシリン"は折れ曲がった構造をしています。これは2つの直交するπ軌道が縮退していないことを意味しています。ケイ素(Siに限らず高周期元素全般にあてはまることですが)のs軌道とp軌道のエネルギー差が炭素に比べて大きいため、s軌道電子を昇位させるのに必要なエネルギー(つまり混成軌道を作るために必要なエネルギー)をπ結合によって十分に補われないために生じる現象です。その結果、ケイ素-ケイ素三重結合では、高いHOMO、低いLUMO軌道を持つことになります。ケイ素-ケイ素三重結合長は2.0622(9) Åでした。

  • A Stable Compound Containing a Silicon-Silicon Triple Bond.
    A. Sekiguchi, R. Kinjo, and M. Ichinohe, Science, 2004, 305, 1755-1757. [LINK]
Disilyneの結晶
研究概要
ケイ素-ケイ素三重結合の結晶は濃い緑色です。

朝日新聞 平成16年10月6日
研究概要

Chemistry & Engineering News, Sept 20, 2004, Vol 82, Number 38, p.9
研究概要
    写真は右から、関口教授、金城博士(当時D1)、一戸准教授。
  • [Chemistry and Engineering News, 2004, September 22, 2004, Volume 82, Number 38, p. 9.]
  • Science Perspective
    研究概要

    安定なケイ素-ケイ素二重結合"ジシレン"の合成で有名なRobert West教授に解説を書いていただきました。
    "ジシリン"の反応
    研究概要

    "ジシリン"は様々な有機小分子と反応します。アルコールやアミンの付加反応の選択性、不飽和結合への付加環化反応、還元によるラジカルアニオンおよびジアニオンの合成など、これまで分からなかったことが次々と明らかになっています。現在も"ジシリン"の特異な反応性の解明に向けて研究を続けています。
    • Reactivity of a Disilyne RSi≡SiR (R = SiiPr[CH(SiMe3 )] 2 ) toward π-Bonds: Stereospecific Addition and a New Route to an Isolable 1,2-Disilabenzene.
      R. Kinjo, M. Ichinohe, A. Sekiguchi, N. Takagi, M. Sumimoto, and S. Nagase, J. Am. Chem. Soc., 2007, 129, 7766-7767. [LINK]
    • An Isolable Disilyne Anion Radical and a New Route to the Disilenide Ion upon Reduction of a Disilyne.
      R. Kinjo, M. Ichinohe, and A. Sekiguchi,  J. Am. Chem. Soc.,  2007129 26-27. [LINK]
    • A Solid-State 29Si NMR Study of RSiSiR - A Tool for Analyzing the Nature of the Si-Si Bond.
      V. Kravchenko, R. Kinjo, A. Sekiguchi, M. Ichinohe, R.West, Y. S. Balazs, A. Schmidt, M. Karni, and Y. Apeloig, J. Am. Chem. Soc.,  2006128 14472-14473. [LINK]
    • The Chemistry of Disilyne with a Genuine Si-Si Triple Bond: Synthesis, Structure, and Reactivity.
      A. Sekiguchi, M. Ichinohe, and R. Kinjo, Bull. Chem. Soc. Jpn.,  200679, 825-832. [LINK}

    【BACK】 【NEXT】 【TOP】 【HOME】
    研究概要(テキスト)

    HOME