筑波大学|大学院数理物質科学研究科|化学専攻

 
  
 
 
 
 
 


フルオロアルケンの反応 I : 求核置換と含フッ素ヘテロ環構築
     
 
分子内環化の有用な経験則であるBaldwin則では、アルケン類の環化のうち5-endo-trig環化は起こりにくい、とされています。しかしながら、分子内にヘテロ求核部位を持つフルオロスチレンでは、その5-endo-trig環化が円滑に進行することを見出しました。二つのヘテロ求核部位を持つヒドラジンとトリフルオロメチルアルケンを反応させると、5-endo-trig環化を含む二回の求核置換によって一挙にヘテロ環を作ることもできます。この手法は、医農薬として有望なフッ素化されたヘテロ五員環化合物を提供します。
 
     
 

 
     
  Publications 65) Ichikawa, J.; Jyono, H.; Kudo, T.; Fujiwara M.; Yokota M. Synthesis 2005, 2005, 39–46.  
    86) Ichikawa, J.; Yokota, M.; Kudo, T.; Umezaki, S. Angew. Chem. Int. Ed. 2008, 47, 4870-4873.  
    89) Isobe, H.; Hitosugi, S.; Matsuno, T.; Iwamoto, T.; Ichikawa, J. Org. Lett. 2009, 11, 4026–4028.  
    101) Fuchibe, K.; Jyono, H.; Fujiwara, M.; Kudo, T.; Yokota, M.; Ichikawa, J. Chem. Eur. J. 2011, 17, 12175–12185.  
  著書 2)
Ichikawa, J. in Fluorine-Containing Synthons, ACS Symposium Series #911, Soloshonok, V. A. Ed., Oxford University Press/American Chemical Society, Washington, D.C., 2005, Chapter 3, pp. 262–275.
 
  日本語の総説 6) 市川淳士、日本農薬学会誌, 41, 29–41 (2016).  
  特許申請 13) 市川淳士、宮崎裕之、和田幸周、岡内辰夫、南享、特願平 9-203261(1997. 7. 29)、特開平 11-43479(1999. 2. 16).  
    14) 市川淳士、和田幸周、岡内辰夫、南享、特願平 9-203266(1997. 7. 29)、特開平 11-43478(1999. 2. 16).  
    16) 市川淳士、宮崎裕之、森山浩子、和田幸周、岡内辰夫、南享、特願平 10-235715(1998. 8. 21)、特開2000-63356(2000. 2. 29).