筑波大学|大学院数理物質科学研究科|化学専攻

 
  
 
 
 
 
 


フッ素置換反応活性種と触媒
     
1. 有機触媒によるジフルオロカルベン生成と選択的合成反応  
 
ジフルオロカルベンは、フッ素が置換した二価炭素化学種です。従来、ジフルオロカルベンの発生には高温、強塩基性といった過酷な反応条件を必要としました。私共では、ジフルオロカルベンの発生に新たに「有機触媒」のコンセプトを導入し、様々な有用有機フッ素化合物の選択的合成を実現しています。
 
     
   
     
  Publications 103)
Fuchibe, K.; Koseki, Y.; Sasagawa, H.; Ichikawa, J. Chem. Lett. 2011, 40, 1189–1191.
 
    104)
Fuchibe, K.; Koseki, Y.; Aono, T.; Sasagawa, H.; Ichikawa, J. J. Fluorine Chem. 2012, 133, 52–60.
 
    121)
Fuchibe, K.; Bando, M.; Takayama, R.; Ichikawa, J. J. Fluorine Chem. 2015, 171, 133–138.
 
         
2. 遷移金属ジフルオロカルベン錯体の発生と触媒反応への展開  
 
ジフルオロカルベンを遷移金属に配位させると、さらに多彩なジフルオロメチレン導入が可能になります。私共では最近、ニッケルまたは銅触媒による、フッ素化された官能性シクロペンタノイドの位置選択的合成を報告しました。これらは、フッ素化シクロペンタノイドの遷移金属ジフルオロカルベン錯体による初めての合成例です。
 
         
   
         
  Publications 128) Aono, T.; Sasagawa, H.; Fuchibe, K.; Ichikawa, J. Org. Lett. 2015, 17, 5736–5739.  
    132) Fuchibe, K.; Aono, T.; Hu, J.; Ichikawa, J. Org. Lett. 2016, 18, 4502–4505.