筑波大学|大学院数理物質科学研究科|化学専攻

 
 トップページに戻る
 
 
 
 
 



 
  市川 淳士 (いちかわ じゅんじ) 教授

学位 理学博士
生年月日 昭和33年 (1958) 3月26日
所属 筑波大学 数理物質系 化学域
メールアドレス junji@chem.tsukuba.ac.jp (@は半角をお使いください)
住所と居室 〒305-8571 つくば市天王台1-1-1 自然系学系B棟 510室
電話番号 029-853-4237 (電話/FAX兼用・自動切替)
所属学会 日本化学会・有機合成化学協会・日本フッ素化学会・
  日本学術振興会産学協力研究委員会 フッ素化学第155委員会・
  アメリカ化学会 (American Chemical Society)
  国際複素環化学会 (International Society of Heterocyclic Chemistry)
 
     
     
  略歴 昭和56年 (1981) 3月 東京大学理学部化学科 卒業
    昭和58年 (1983) 3月 東京大学大学院理学系研究科修士課程 修了 (向山光昭教授)
    昭和60年
(1985) 11月 東京大学大学院理学系研究科博士課程 中退
    昭和60年 (1985) 12月 九州大学生産科学研究所 助手
    昭和61年
(1986) 3月 東京大学大学院理学博士号 取得(向山光昭教授)
    昭和62年
(1987) 5月 九州大学機能物質科学研究所 助手(改組のため)
    平成元年
(1989) 7月 米国ハーバード大学化学科 博士研究員 (Prof. E. J. Corey、文部省在外研究員:1年間)
    平成 3年
(1991) 4月 九州工業大学工学部 講師
    平成 5年
(1993) 3月 九州工業大学工学部 助教授
    平成11年
(1999) 7月 東京大学大学院理学系研究科 助教授
    平成16年
(2004) 6月 仏国ルイパストゥール大学化学科 客員教授
    平成19年 (2007) 4月 筑波大学大学院数理物質科学研究科 教授
    平成23年 (2011) 10月 筑波大学数理物質系 教授(改組のため)
       
  受賞 平成 3年 (1991)   有機合成化学協会 「研究企画賞(日本化成)」
          「フッ素系機能性素材を指向する官能性フルオロオレフィン類の新規合成法の開発」
    平成 6年 (1994)   有機合成化学協会 「有機合成化学奨励賞」     
          「フッ素の特性を活用する新しい合成反応の開発」
    平成 8年 (1996)   有機合成化学協会 「研究企画賞(第一製薬)」
          「ビニル位フッ素の反応特性に基づく新規含フッ素生理活性物質の分子設計と高効率合成」
    平成27年 (2015)   日本化学会「学術賞」
          「フッ素置換基の特性を活用する炭素-フッ素結合の活性化」
           
  学会活動 平成12年 (2000) 3月 有機合成化学協会編集委員(2年間)
    平成15年 (2003) 3月 有機合成化学協会事業委員(2年間)
    平成16年
(2004) 3月 有機合成化学協会関東支部常任幹事(2年間)
    平成12年 (2000) 4月 日本学術振興会産学協力研究委員会:フッ素化学第155委員会運営委員
    平成20年 (2008) 3月 日本化学会速報誌(Chemistry Letters) 編集委員(5年間)
    平成22年 (2010) 4月 日本学術振興会産学協力研究委員会:フッ素化学第155委員会幹事委員
    平成25年 (2013) 4月 日本フッ素化学会理事
    平成27年 (2015) 4月 日本化学会関東支部幹事
    平成28年 (2016) 4月 日本化学会関東支部企画委員会委員長
           
   
   
jump to Dr. Fuchibe